構造躯体

安心して住める家

1404982390752

ご家族様の趣味やライフスタイルを大切にするからといっても、住まいとしての安全性が不十分であれば快適に住むことは出来ません。特にお施主様の目の届きにくいところこそ、私たちが考えなくてはなりません。そこで耐久性のより高い建物をと考えた基礎やオリジナルの構造体です。

 

 

 

基礎

まずは基礎がしっかりとしていなければ、その上に何を造っても同じです。

そこでベタ基礎なのは勿論、配筋にまでもこだわりを持ち、全てに13mmの配筋を 200mm 間隔で設けることにより、より頑丈な基礎を造ります。

 

 

また、基礎巾は150mm、立ち上がりは400mmで、突起物は柱が引き抜かれようとする時に直接基礎に力を伝える金物ホールダウンを採用。ベタ基礎内には湿度を上げないための防湿シートを設置するなど、目の届きにくい場所だからこそ私達がこだわりをもってご提案します。

 

 

 

構造

構造躯体/木造軸組『面』工法木造軸組面構造2

湘南ホームプロジェクトの構造体は、日本の伝統工法である木造軸組工法と、2×4工法のそれぞれの長所を融合した「面」で支える構造体です。木造軸組工法とは基礎の上に土台を置き柱を立て、梁や桁を架けてその上に束を立て屋根を構成しています。骨組みとなる軸組材つまり柱で構成するような工法となります。その軸組に構造用耐力面材で柱、梁、土台を強力に固定して面構造とすることにより、地震や台風に強い建物となります。

 

構造フレーム

 

 

1階 910mmピッチグリッド床組


 

 

2階 910mmピッチ グリッド床組

 

1、2階の梁および小梁の床組みを910mmピッチのグリッドにし、その上に床パネルを組むことにより建物自体の剛性と、水平力を大幅に向上しております。

プロジェクト一覧

PAGE TOP